婚活サイトを比較しても絞り切れないときは掛け持ちもありだが

婚活サイトを比較しても絞り切れないときは掛け持ちもありだが

婚活サイトを比較しても絞り切れないときは掛け持ちもありだが

 

婚活サイトを比較して比較する

 

婚活サイトを比較しても一つのサイトに絞り切れず、気になったサイトはとりあえず全部登録しておこうという人がいます。

 

 

 

出会いの機会がそれだけ増えることを考えれば、もちろん掛け持ちの登録はそれなりにメリットがあります。

 

 

 

実際、一つのサイトだけを利用するより、2〜3のサイトで同時に婚活した方が理想のパートナーに出会うスピードも速いでしょう。ただ、婚活サイトを掛け持ちする際はいくつか気を付けておきたいことがあります。

 

ニックネームやプロフィールは使い分ける

 

婚活サイトの掛け持ちで気になることに利用料金があります。有料婚活サイトの月額料金はだいたいどこも3000〜4000円ほどですから、利用するサイトがいくつもあると月の負担はかなりのものです。

 

 

 

なかには無料や格安料金のサイトもありますし、料金については納得してやっているというのなら、問題ありません。ただ、一つだけ注意しておきたいのは、同じプロフィールを使い回さないことです。

 

 

 

同じニックネームでプロフィールの内容もまったく同じだと、異性会員に良い印象を与えません。もちろんそれが分かるということは、その相手も同じく複数のサイトを利用しているわけですが、それをあからさまにしないのがエチケットです。

 

 

 

複数のサイトを掛け持ちするときはサイトごとにプロフィールを作成し、アプローチの方法も変えるべきでしょう。

 

一つの出会いを大切に

 

次に気を付けたいことに、一つの出会いを大事にするということがあります。

 

婚活サイトを比較しても絞り切れないときは掛け持ちもありだが

 

掛け持ちをすれば出会いの機会が増えるといっても、増え過ぎて一人一人に対して疎かになってしまっては良い結果は生まれにくいものです。その都度真剣に対応してこそ、理想の出会いが見つかるものと思ってください。

 

登録時期をずらす

 

なお、婚活サイトを比較して、どちらも良さそうなので掛け持ちすることにした場合でも、登録時期はずらした方がよいでしょう。どんなサイトでもそうですが、新規会員は異性からのアプローチが多いものです。

 

 

 

アプローチが多いからといって自分がモテていると勘違いしてはいけません。婚活サイトの仕組み上、新規会員に注目が集まりやすくなっているだけのことです。

 

 

 

ですので、同時期に複数のサイトに登録すると、最初はさばき切れないほどのアプローチがあっても、一定期間を過ぎるとすべてのサイトで同時に動きが止まってしまうリスクがあります。掛け持ちするときは1カ月ほど時期をずらして登録することをおすすめします。